お問い合わせ・ご予約
   

ご予約・お問い合わせ

086-252-1445

24時間メールお問合せ

メールお問合せ

       
お問い合わせ
     

老化は口から始まる|岡山市北区の歯医者・歯科|緑川歯科

緑川歯科
緑川歯科へのお問い合わせ:086-252-1445

院長ブログ

  • 老化は口から始まる 2021.09.22 NEW

  • 古来から「老化は足腰から始まる」とはよく言われていますが、昨今ではお口の中からの衰えが話題になってきています。


    ① 滑舌が悪くなり聞き返されることが多い

    ② 気がつくと柔らかいものばかり食べている

    ③ 口が渇いて臭う気がする


    などが衰えの一部と言われています。

    このような、病気ではないものの口の機能が衰え始めている状態を「オーラルフレイル」と言います。

    放置すると口の機能低下、認知症など悪循環に陥ることもあります。

    まさに「老化は口腔機能の低下」から始まるのだと言えるでしょう。


    このような機能の衰えを予防したり、いち早く発見することもかかりつけ歯科医院の役割の一つとして、注目されています。

  • 歯の移植 2021.09.15 NEW

  • 大切な歯がやむなく抜歯になってしまった時に、どのように歯を補うのが良いか、悩まれる方も多いです。

    一般的には、ブリッジ、入れ歯、インプラントの中から選ぶようになります。

    ですが、条件が合えば親知らずなどの不必要な歯を移植することで自分の歯としてもう一度使うことができます。


    この条件には、

    ・ドナーになる歯がある(自分の口の中に不必要な歯、かつ抜歯可能な歯)
    ・移植される部位の骨が、移植する歯より大きい
    ・外科処置が可能

    などがあります。


    現在の医療で唯一もう1度自分の歯を回復させることができる方法、「自家歯牙移植」。

    可能かどうかは担当の医師にご相談ください。

  • あなたの口腔内には、何が入っていますか。 2021.09.08 NEW

  • 「とりあえず保険で」と銀色のかぶせ物が入っていたり、だいぶ前に治療したところのかぶせ物が取れる頻度が高くなったりしていませんか。

    新しく作って入れ直すなら、何を選びますか。「前と同じ保険で」良いですか。


    医療が進歩するように、お口の中のかぶせ物も変わってきています。

    昔は保険なら銀色のかぶせ物と記憶されていた方も、歯の場所によっては保険で白いかぶせ物が可能になっています。


    今一度、ご自身のお口の中に興味を持って見てみてください。

  • 歯垢って何? 2021.09.01 NEW

  • 歯垢ってよく聞くけれど、皆さんは歯垢の正体を知っていますか?

    歯垢とはズバリ虫歯や歯周病の原因となる細菌の塊のことです。つまり、食べかすとは別物なのです。

    しかもこの細菌、たった1gの中に1億個以上いて活動しているのです。


    さらにこの細菌は、歯の表面にネバネバと強く引っ付いている(水垢のようなイメージです)ので、

    歯ブラシやフロス、歯間ブラシなどを使用して毎日こすり落としてあげる必要があります。

    (うがいで簡単に落ちればいいのですが、、、)


    歯磨きも勿論ですが、毎日の歯の間のお手入れがとても大切です。

    されていない方は今日をきっかけにぜひ一緒に歯垢を撃退しましょう!

    使い方や習慣づけの方法などはぜひぜひ歯科衛生士に訪ねてみてください。喜んでご提案します(^O^)

  • スポーツ飲料の上手な付き合い方 2021.08.25

  • 甘いジュースより体に良さそうなスポーツ飲料ですが、飲み方によっては歯や体がダメージを受けてしまうことがあることをご存じですか?

    炎天下の農作業や激しい運動などで大量に汗をかくと、水分やミネラルなど体に必要な成分が一気に排出され、最悪の場合は死に至ることがあります。

    スポーツ飲料はこれらの成分を含んでおり、体調維持に役立つとても便利な飲み物です。

    しかし多量の糖分と酸性物も含まれているため、飲み方には注意が必要です。

    糖と酸の過剰摂取はむし歯リスクを高めるとともに糖尿病の原因にもなり、常用は危険です。

    日常は水やお茶、運動時にはスポーツ飲料と水分補給方法を上手に切り替えましょう。

  • 技工室からのコロナウイルス対策 2021.08.18

  • 昨今、変異型コロナウイルスの話題で持ちきりですね。

    緑川歯科医院には、かぶせものなどを作成する技工室があります。

    そこで行っている感染対策について一部ご紹介したいと思います。

     

    ①技工室内の窓二枚と換気扇による換気

    ②手袋、メガネ、マスク、アームガードによる感染予防

    ③濡雑巾による床の定期清掃

    ④補綴物の研磨後の超音波洗浄

    ⑤毎日白衣の洗濯を行う

    ⑥石膏、金属などを削る時は技工用バキュームを使う

    ⑦規則正しい生活で体調維持

    ⑧検温、うがい、手洗いを頻繁に行う

     

    皆様もご家庭で対策されているかと思います。

    技工室以外でも、清掃やイソジンうがい、スタッフの感染防護などに配慮しております。ご来院の際は、安心してお越しください。

  • 虫歯になりにくくする習慣 2021.08.11

  • 虫歯になるメカニズムは「歯の質」「糖分」「虫歯菌」の三要素のバランスが崩れた時に虫歯になると言われています。

    歯の質を高めるためには、日頃の規則正しい生活や飲食と飲食の間隔を取り、お菓子や飲み物などに入った甘い物を取り過ぎないことが大事です。

    そして一番やっかいな虫歯菌を減らすために、緑川歯科では歯のメンテナンスに力を入れています。

    皆様が毎日笑顔で過ごせますように私たちは心から願っています。

  • 受動喫煙でむし歯に…!? 2021.08.04

  • 何度も禁煙に挑戦したけど挫折をした方は多いのではないでしょうか?喫煙により、あなた自身の健康を損ないますが、受動喫煙によっても、まわりの方の健康を損ないます。

    受動喫煙とは、喫煙により生じた副流煙(たばこの先から出る煙)、呼出煙(喫煙者が吐き出した煙)を発生源とする、有害物質を含む環境たばこ煙に曝露され、それを吸入することです。

    昨今電子タバコが普及していますが、吐き出した煙にも有害物質は含まれているのです。

    山形県の歯科医院の患者を対象とした研究では、歯ぐきに着色がみられた6〜16歳の子どものうち、両親のいずれかが喫煙する割合は70%であったと報告されています。

    さらに、受動喫煙による子どもの健康影響のひとつに、むし歯があります。多くの研究で、家族に喫煙者がいる子どもはそうでない子どもに比べて、むし歯になる確率が高いと報告されています。
    理由はまだ十分解明されていませんが、タバコの煙に含まれるいくつかの有害物質が影響を与えているのではないかと推定されています。

    受動喫煙は子どもの健康を損ないます。自分のためだけではなく、家族のために、禁煙をはじめてみませんか?

    (参考:Wikipedia、歯科衛生士2020年10月号)

     

  • 40代女性奥歯の銀が気になり歯科用樹脂で白く治療し 2020.10.09

  • ご相談内容 治療していた歯の色が気になり、綺麗にしたいとのことで来院されました。
    カウンセリング・診断結果 ご相談の通り、奥歯に銀色の金属が装着されていました。
    行なったご提案・治療内容 審美目的の治療なので健康保険適用外になることを説明し、歯科用樹脂での治療をご提案し選択されました。
    治療期間 治療回数は相談含めて2回
    今後手前の歯も白くしていく予定です。
    おおよその費用 治療費:50,000円(税別)
    術後の経過や現在の様子 色や形、かみ合わせについてご満足いただけました。
    治療のリスクについて 歯科用樹脂は使用環境によって変色やすり減りなどが起こる場合があります。
    また十分なメインテナンスを行わないとご自身の歯との境目から虫歯になることがあります。
  • 30代女性奥歯の銀が気になり歯科用樹脂で白く治療し 2020.10.09

  • ご相談内容 治療していた歯の色が気になり、綺麗にしたいとのことで来院されました。
    カウンセリング・診断結果 ご相談の通り、奥歯に銀色の金属が装着されていました。
    行なったご提案・治療内容 審美目的の治療なので健康保険適用外になることを説明し、歯科用樹脂での治療をご提案し選択されました。
    治療期間 治療回数は相談含めて2回
    おおよその費用 治療費:50,000円(税別)
    術後の経過や現在の様子 色や形、かみ合わせについてご満足いただけました。
    治療のリスクについて 歯科用樹脂は使用環境によって変色やすり減りなどが起こる場合があります。
    また十分なメインテナンスを行わないとご自身の歯との境目から虫歯になることがあります。

PAGE TOP