お問い合わせ・ご予約

初診専用ダイヤル

050-7302-5580

再診・その他のお問い合わせ

086-252-1445

24時間メールお問合せ

メールお問合せ

WEB診療予約
     

スタッフ紹介|岡山駅徒歩2分の歯医者・歯科をお探しなら緑川歯科医院へ

緑川歯科
緑川歯科へのお問い合わせ:086-252-1445

スタッフ紹介

院長

緑川皓明

緑川皓明

改めましてみなさん、こんにちは!
2016年4月から緑川歯科医院の院長を勤めさせて頂く緑川皓明です。

略歴
岡山に生まれる
岡山市立石井中学校卒
岡山県立朝日高校卒
岡山大学歯学部卒
岡山県内の歯科医院での勤務を経て緑川歯科医院勤務、院長就任
得意な診療科目
審美歯科
予防歯科
むし歯治療
好きなもの
テニス(遊プラザでバイトコーチしていました!)
勉強(休みの日はほとんど勉強会に出席しています!)
苦手なもの
運動不足(最近あんまりできてません・・・)
驚かされること(すぐビクッとしちゃいます)
好きな言葉
素直
一所懸命
所属スタディグループ
大阪SJCD
Club-S
GSC
意気込み
一期一会の思い出で治療を行なっていきます!
お口の不具合を感じている方や、自分の歯を守っていきたい方に治療と予防を通じて、健口な人生を実現します!治療に関すること、何でも気軽に聞いてください!
予防治療に関して
私は歯科医療の本質は予防歯科にあると考えています。
なぜなら、一度虫歯になった歯や歯周病で抜いた歯は決して戻ってはこないからです。
虫歯で削った歯は詰め物、かぶせもので治療をしますが、これは歯を“修理”しているに過ぎません。
もとの状態には戻らないのです。
こうして“修理”された歯は平均して7、8年くらいで再度修理する必要性が出てくる、と言われています。
こうして修理を繰り返すうちに歯を抜かないといけなくなってしまいます。
この負のスパイラルへと落ち込まないために、予防が重要なのです。
どれだけ正確な治療もどれだけ進歩した材料をもってしても、自分自身の天然の歯に勝る臓器はありません。
そして、永久歯はそれぞれの場所に1本ずつしか生えてきません。
今一度、ご自身の歯を守るということの価値を再考してみてください。
そのためのお手伝いができることを、心より嬉しく思っております。

歯科技工士

片山幹也

片山幹也

岡山歯科技工学院卒業
趣味は自転車と写真です。
患者様に違和感のない補綴物(かぶせ、入れ歯など)を製作いたします。
どんな技工もまかせて下さい!
(院長よりコメント)BMXが得意な技工士さんです。お孫さんがいるとは思えない位のフットワークの軽さです!

歯科衛生士

松本

八田

大森

橋本

歯科助手

能勢

受付

柿原

クリーンスタッフ

佐藤

歴代院長のご紹介

緑川皓一

緑川皓一(旧名 横山皓一)

1946年
8月17日生
1971年
3月 日本大学歯学部卒
在学中より補綴学教室入室。総義歯、部分義歯を研鑽。
1971年
4月 緑川歯科医院 勤務
1972年
7月 緑川歯科医院 院長に就任
1978年
緑川に改姓
岡山市歯科医師会副会長
岡山歯科技工専門学院副学院長
岡山県歯科医師連盟常任理事
岡山大学歯学部後援会会長等 歴任

初代院長 緑川洋一(旧名 横山 知)

1915年
3月4日 生
1936年
3月 日本大学歯科医学校卒
1937年
11月 横山歯科医院(現緑川歯科医院)開設
学生時代より写真を始める
1953年
第1回二科賞受賞
1958年
キャノンコンテスト最高賞受賞により
1959年
ヨーロッパ撮影旅行
1962年
写真集「瀬戸内海」発刊
1968年
緑川歯科医院に改称
1973年
内閣総理大臣賞受賞
1978年
緑川洋一に改名
1990年
勲四等瑞宝章受章
1999年
日本写真協会功労賞受賞 等受賞多数
2001年
11月没
フランス国立図書館、イギリス ビクトリア&アルバート美術館に、作品永久保存される。
「瀬戸内海」「皇居 自然と造形」「国立公園」「名城の四季」など写真集、随筆集訳90冊発刊。
趣味:古時計蒐集

ブログ

PAGE TOP